FC2ブログ

南国で生活する人の活動日記

南国の事ならなんでも調べてその結果を載せて行きます。

県の元職員、「危険感じて」自宅に裏金470万隠匿

岐阜県庁の裏金問題で、
出先機関の職員(当時)が裏金470万円余りを自宅に隠匿し、
「談合に関する警察の捜査が及ぶ危険を感じて、
 自宅で保管することにした」と、
県が第三者機関として設置した弁護士3人による検討委員会の調査に
対して説明していることが4日、わかった。

職員は、7~8月にかけて実施された県の調査チームの聴取には、
裏金の存在を明らかにせず、
最近になって自宅での隠匿を認める回答を寄せた。

読売新聞の取材に、
「(裏金の管理を)引き継いだ時点で公にしておけば良かったが、
当時は、言い出せる雰囲気ではなかった」と話している。

同県高山市の県高山建設事務所(現・県高山土木事務所)の
男性元職員(62)。

同事務所で作られた476万4000円の裏金を2001年3月に
前任者から引き継ぎ、
同年11月ごろから自宅に隠匿していた。
検討委の聴取などに対し、

「01年の秋ごろ、立て続けに6件の談合情報が寄せられた」とし、「官製談合の情報と受け取れる内容もあり、
警察が事務所を捜索した場合、裏金の存在が公になってしまうと思い、自宅に隠すことにした」と語った。

証言通り、県技術検査課には、この年、
同事務所や報道機関に6件の談合情報が寄せられたとの文書が
残っている。

男性は04年3月、別の職場を最後に退職したが、
その後も裏金を隠匿していた。

裏金は発覚後、県調査チームに返還された。

男性は読売新聞の取材に対し、
「裏金は、厳重に梱包(こんぽう)し、事務所から紙袋に入れて
自宅に持ち帰った。
金額は引き継いだ時のままで、増えても減ってもいない」と説明。

「こうした事態になり、大変申し訳なく思う」と話した。
検討委の調査によると、
全庁で裏金を個人で保管していたのは59人で、
保管金額の合計は約1億4800万円に上っている。

(2006年9月5日3時1分 読売新聞)
ソース:
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060905i301.htm
スポンサーサイト















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nangokudeseikatu.blog49.fc2.com/tb.php/79-ddb65169