FC2ブログ

南国で生活する人の活動日記

南国の事ならなんでも調べてその結果を載せて行きます。

WBC世界スーパーフライ級王者徳山昌守(31=金沢)の、
ラストマッチの相手に「浪速の弁慶」亀田大毅(17=協栄)
が浮上


WBC世界スーパーフライ級王者徳山昌守(31=金沢)の、
ラストマッチの相手に「浪速の弁慶」亀田大毅(17=協栄)
が浮上していることが28日、分かった。

徳山陣営の金沢英雄会長が、
来年4月にも東京での徳山-亀田戦を計画。

来月上旬に上京して、亀田陣営の金平会長と直接交渉に臨む方針を示した。世界戦11勝1敗の名王者が、最後の花道として、
14歳の年齢差がある大毅と激突する可能性が出てきた。

去就が注目される徳山の「最後の花道」プランが明らかになった。
来年4月にラストマッチとなる2度目の防衛戦を行い、
その挑戦者に「浪速の弁慶」亀田大毅を指名した。
徳山陣営の金沢会長はこの日、
「最後の試合を準備してやりたい。(亀田)大毅が有力候補になる」
と明言した。

徳山は今年2月に1位挑戦者ナバーロを判定で退けて初防衛に成功した。
同王座を通算9度防衛、世界戦11勝1敗の堂々たるキャリアを誇るが、
モチベーションの維持に苦心している。

5月には引退会見が金沢会長の説得によって、
ビッグマッチ限定での現役続行会見に変わった。
当初はWBC世界バンタム級王者長谷川、
WBA世界ライトフライ級王者亀田興毅を指名した。

しかし階級の違いもあり、話は進んでいない。

そこでスーパーフライ級でデビュー以来5連勝中の大毅に照準を定めた。
まだ日本ランクにも入っていないが、
9月27日に世界ランカーと対戦予定の6戦目に勝てば、
世界ランク入りは確実。

金沢会長は
「金平会長に時間をいただいて話をしたい。オファーを出します」と
9月上旬にも東京へ足を運び、
金平会長と直接交渉する意向も明かした。

興行に関しても会場、中継するテレビ局などすべて協栄側に委ねるという。

実現する事は限りなく低いと思います。
世界戦11勝1敗の王者対5連勝中の選手との対戦ですから
ですが、
話題性としては十分です。
周囲の声とかも亀田側にとっては大きいでしょうし、
スポンサーの影響等もあるので
簡単には答えが出せないのではないでしょうか。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nangokudeseikatu.blog49.fc2.com/tb.php/70-d0f940b3