FC2ブログ

南国で生活する人の活動日記

南国の事ならなんでも調べてその結果を載せて行きます。

亀田興毅決断!10月にランダエタ選手との再戦が正式に決定!!


ボクシングWBA世界ライトフライ級王者の亀田興毅(19=協栄)が、
初防衛戦で、
ファン・ランダエタ(27=ベネズエラ)との再戦を決断した。
22日、東京・大久保の協栄ジムで金平桂一郎会長(40)が、
会見を行い、明かした。

興毅本人の強い要望に応えたもので、
微妙な判定での王座奪取による雑音を、今度こそKO勝利で
封印するつもりだ。

なお、試合の開催時期は10月後半、会場は首都圏を予定している。

姿を見せなかった亀田父子に代わり、
単独で会見した金平会長が再戦決定までの経緯を説明。

「興毅の考えは、
このまま逃げたという意識を(周囲に)与えるのはよくないという思い。
本当の亀田の力を見せつけるために、今度こそKOで勝つつもりです」

と愛弟子の思いを代弁した。
亀田興毅本人には責任がないとはいえ、物議を醸した微妙な判定の汚点は、
自らの拳で落とし前をつけるしかない。
再戦実現の理由はその一点に尽きる。

試合後には興毅本人がフライ級から12戦目で初めてライトフライ級へ
1階級下げて戦ったことによる減量の影響を示唆。
トレーナーの父・史郎さん(41)も
ライトフライ級で再戦することを心配していたため、
タイトルを返上してフライ級に階級を上げることが確実視されていた。

だが金平会長によると、興毅は試合翌日には

「ウエートが苦しいとか逃げるより
(10代で体重が落ちやすい)早期に決着をつけるのがいい」

と再戦を希望。

その意向が最後は全面的に受け入れられた。
試合1週間後にはランダエタと
再戦することで亀田家とジム側で話はついていたという。

再戦後について金平会長は
「勝っても負けてもこれが(ライトフライ級で) 最後かは分からない。
 ただ、本人がやりたいという気持ちが強かった」
と白紙を強調。

日本中が注目する世紀の再戦に向けて、
浪速の闘拳がボクシング人生のすべてを集中させる。

亀田三兄弟の長男興毅選手。
念願の「世界一」の称号をようやく手に入れたのに
世間からは「疑惑の判定」扱いを受けてしまいました。

亀田興毅選手本人には何の罪も無いとは思いますが、
裏側を色々と想像してしまうのが人間の心理です。

今度の再戦では亀田興毅選手へ向けての「疑惑」を、
すべて退けられるような試合になるといいのですが。

という訳で10月の再戦に注目です。


関連書籍 10月に再戦予定の亀田選手の書籍
亀田興毅 天下無双―その軌跡と生き様
徳間書店
原 功(著)
発売日:2006-02
おすすめ度:1.5
おすすめ度1 言葉もないです
おすすめ度5 久々に
おすすめ度1 歴史
おすすめ度1 亀田さんを中傷する嫉妬野郎どもはこれ読んで跪け、生き方が違う!世界が違う!
おすすめ度1 誰だ!"亀田兄弟"をつくっているのは



ソース元:http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2006/08/23/01.html ※一部抜粋
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nangokudeseikatu.blog49.fc2.com/tb.php/57-5e0a851f