FC2ブログ

南国で生活する人の活動日記

南国の事ならなんでも調べてその結果を載せて行きます。

韓国での外国人が保有する土地の面積が、5033万坪に達すると発表。



【ソウル20日聯合】
外国人が保有する土地の面積が、
盆唐新都市の9.3倍に達することが分かった。

建設交通部が20日に明らかにしたところによると、
6月末現在の外国人保有土地面積は5033万坪に達し、
公示地価基準で23兆2233億ウォンに上った。

今年に入り新たに買い入れた土地は242万坪 (1兆6245億ウォン)、処分した土地は27万坪(2118億ウォン)で、
214万坪の純増となった。

保有者は、
韓国系外国人が42.5%で最も多く、合弁法人(40.7%)、
外国法人(12.9%)、 外国人(2.9%)、
外国政府・団体(1.0%)が続いた。

保有者の国籍別では、米国が56.7%で最も多く
欧州が16.3%、日本が11.4%、中国が1.2%などとなった。

外国人保有地の面積が最も大きかったのは全羅南道の913万坪で、
次いで京畿道が893万坪、慶尚北道が785万坪、
金額ではソウルが7兆5000億ウォンが最大で、
京畿道の3兆3000億ウォン、慶尚北道の2兆3000億ウォン等が
続いた。

建設交通部によると、
1998年の不動産市場開放後、
外国人の土地保有は2000年まで年平均30%増加していたが、
その後は4.0~7.5%で推移している。

韓国の総面積は9万9,262平方kmである点を考えますと、
5033万坪という数字は決して低くは無いと考えられます。

また、保有者の国籍で一番で多いのが米国な点に驚きました。
近隣の中国系が一番だと思っていたのですが、
わずか1.2%で日本よりも少ないんですね。

ちなみに日本の総面積は37万7,846平方kmです。


関連書籍 韓国の土地事情
韓国近現代農業史研究―韓末・日帝下の地主制と農業問題
法政大学出版局
金 容燮(著)鶴園 裕(翻訳)
発売日:2002-11


関連書籍 韓国にはまる日本人。
ソウル中毒―韓国にハマッた日本人たち
スリーエーネットワーク
康 煕奉(著)
発売日:2002-11
おすすめ度:5.0
おすすめ度5 韓国にハマる日本人

ソース元:聯合ニュース
http://japanese.yna.co.kr/service/article_view.asp?News_id=032006081804300
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nangokudeseikatu.blog49.fc2.com/tb.php/54-3b708fea