FC2ブログ

南国で生活する人の活動日記

南国の事ならなんでも調べてその結果を載せて行きます。

亀田興毅対ファン・ランダエタ再戦決定?


ボクシングのWBA(本部ベネズエラ・マラカイ)は
18日(日本時間19日)、
最新の世界ランキングを発表し、
今月2日にライトフライ級王座決定戦で亀田興毅(19)=協栄=に
判定で敗れた同級1位ファン・ランダエタ(27)=ベネズエラ=を
指名挑戦権を保持する1位に維持した。

亀田は王座決定戦でベルトを獲得したため、
初防衛戦はランダエタとの指名試合が義務。

日本中が注目する再戦へ動きが加速した。

亀田対ランダエタの再戦が、急加速した。
日本中で議論が沸騰した亀田対ランダエタの「8・2決戦」を経た
最新のWBA世界ランキング。

注目のライトフライ級でWBAがランダエタに与えた順位は亀田戦前と同じ1位だった。
通常、ランキングは直近の試合で敗れた選手は落とされる。
ただし、試合内容を考慮し判定が小差の場合は維持されるケースもある。
今回のランダエタに対する措置がまさにこれだ。

WBAは2日以降、日本から亀田対ランダエタ戦のビデオを取り寄せ、
試合内容を精査。
ジャッジの判定は尊重すると同時に非常に接近した試合だったことを認め
ランダエタの実力を評価。

結果として1位を維持したと見られる。

ランダエタが1位にとどまったことで亀田との再戦へ動きが具体化する。
亀田は王座決定戦でベルトを奪取。

WBAの規定では決定戦で王座を獲得した新チャンピオンは、
初防衛戦でランキング1位の選手との指名試合が義務づけられている。
亀田にとって指名試合での対戦相手はランダエタに決定したことになる。

これはWBAが下した事実上の「再戦指令」と言える。

現在、亀田陣営はマッチメーク権を持つ父・史郎さん(41)と
協栄ジムとの間で次戦への方針について話し合いを続けている。

亀田自身が48・9キロ以下のライトフライ級での戦いに
不安を感じているため、王座返上も視野に入れていることは事実。

一方で批判による逆風を封じるには、
ランダエタを完ぺきに倒すしか方法はない、
と亀田陣営が考えていることも確かだ。

協栄ジムでは22日に金平桂一郎会長(40)が会見を行い、
亀田の今後へ向けた方針を発表する。日本中が期待する再戦。

拒む理由は何もないはずだ。


世間では亀田批判と擁護が飛び交う中、WBAからの
「再戦指令」を受け取った形の亀田陣営。
これで再戦を行なわず王座返上をしたら、世間からの批判が
圧倒的に増える事は確実で、
その実力に対する疑惑も確実に増えてしまいます。

亀田陣営としては受けざるを得ないと思うのですが、
22日の会見に注目してみましょう。


関連書籍 亀田親子について
闘育論―亀田流三兄弟の育て方
創美社
亀田 史郎(著)
発売日:2006-02
おすすめ度:1.5
おすすめ度4 親と子の絆が伝わりました。
おすすめ度5 得られるものはたくさんあります
おすすめ度1 ゴロツキ論
おすすめ度1 その態度で三兄弟の育て方??
おすすめ度1 ゴロツキ論

ソース元:一部略、記事全文はこちら
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060820-00000112-sph-spo
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nangokudeseikatu.blog49.fc2.com/tb.php/53-1f3948ae