FC2ブログ

南国で生活する人の活動日記

南国の事ならなんでも調べてその結果を載せて行きます。

「海の水が甘くなった」とインドで住民が海へ殺到するという不思議な事件がありました。


インド西部ムンバイで18日夜、
「海の水が甘くなった」とのうわさが広まり、
数千人が海岸に殺到して海水を飲む騒ぎがあった。

水を飲んだ住民は地元テレビに
「本当に甘い。奇跡だ」と口々に話したが真偽は不明。

水は汚染されて茶色に濁っており、
ムンバイ市当局は「病気になる恐れがある」
と飲むのをやめるよう呼び掛けている。

地元メディアによると、現場はムンバイ国際空港の南方。
うわさを聞きつけた住民が競い合うように海水を飲んだり、
ペットボトルに入れて持ち帰った。

事故を警戒して一時は警察も出動した。

市当局は海水のサンプル調査をしているが、
近くにはイスラム教の聖人の霊廟(れいびょう)もあり、
その聖人による奇跡と信じる住民もいるなど、
さまざまな憶測が飛び交っている。

なんとも不思議な事件です。
確かに透明度の高い海水が甘くなったと言われたのなら
試しに舐めるかもしれませんが、
どうやら現場では茶色に汚染されている模様。

私にはとても触れたり舐めたり飲んだりする勇気が無いのですが、
近くに聖人の霊廟もあった事から
神秘性を見出しのかもしれません。


関連書籍 海について
おもしろい海・気になる海Q&A―資源と環境のはなし
工業調査会
日本海水学会(編集)
発売日:2004-06
おすすめ度:5.0
おすすめ度5 海を再認識しました

ソース元:日刊スポーツ[2006年8月19日19時39分]
http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20060819-77898.html
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nangokudeseikatu.blog49.fc2.com/tb.php/52-bcb0b39e