FC2ブログ

南国で生活する人の活動日記

南国の事ならなんでも調べてその結果を載せて行きます。

パリで「打ち水大作戦」が行なわれました。



【ロンドン17日共同】
フランスの市民に日本の「打ち水」の習慣を紹介し、
真夏の暑さと地球温暖化に対抗しようという
「パリ打ち水大作戦」が16日、パリ中心部の広場で行われた。

パリに住む日本人留学生や留学経験者らでつくる「打ち水若人隊」が主催。
市民や観光客らに参加を呼び掛け、約50人が打ち水を行った。
パリでの打ち水イベントは昨年に次いで2回目。
水道水の使用は厳禁で、雨水や風呂の残り湯などを使うのが決まりだ。

フランスでは7月下旬に猛暑が続いたが、
8月に入ってからは涼しい日が多い。

この日のパリも薄曇りで、
必ずしも「打ち水日和」とは言えない天気だったが、
参加者はひしゃくで水をまき、
25度だった周囲の気温が約2度下がるのを確認した。

読んでいて気付いたんですが、
「打ち水」を行なった時は薄曇りだったんですね、
パリの方にも猛暑の時の「打ち水」の効果を体験して欲しかったですが、
それでも周囲の気温が約2度下がったので
「打ち水」の効果を体験出来たんですよね。

今度は是非もっと暑い時にも行なって
涼しくなって清々しい気分を味わって欲しいです。

関連書籍 地球温暖化について
地球環境が目でみてわかる科学実験―地球温暖化、大気汚染、紫外線、風力発電、省エネまで。
築地書館
川村 康文(著)
発売日:2004-07
おすすめ度:5.0
おすすめ度5 科学を避けずに、環境問題を考えるために
おすすめ度5 学校の先生に読んで欲しい
おすすめ度5 地球環境を考えるきっかけ
おすすめ度5 まさに画期的な実験本


ソース元:http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=intl&NWID=2006081701000277
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nangokudeseikatu.blog49.fc2.com/tb.php/48-63066ad5