FC2ブログ

南国で生活する人の活動日記

南国の事ならなんでも調べてその結果を載せて行きます。


南国について検索していたら、凄い事に気付いてしました。
日本に「南国市」という市があったのです。

今日は南国に付いて検索していたら、
「南国市」がHITしました。

これはもう驚きです。
日本の市に「南国」という名前があったなんて今まで生きてきて
まったく気付けませんでした。

「南国の真実」というブログを運営している身としましては、
なんといいますか、興味を抱かざるをえません。

そこで色々調べてみました。
それこそ南国市の役場の採用が今年はあるのかどうかとか。

「南国市の市長さん」より南国市についての説明がありましたので、
南国市に付いての理解を深める為、一部を引用させて頂きます。

以下、引用部分。

南国市は、古くは約1000年前、律令時代に国庁が置かれ、
土佐の政治経済の中心地として栄えました。
国司として赴任した紀貫之が、
任を終え帰郷する際の心情を綴ったのが、有名な「土佐日記」です。        
土佐の稲作発祥の地である高知空港周辺には、
弥生時代の集落・農耕跡が残り、
現在、歴史公園化が進められるなど、
当市は歴史遺産が豊富に残る「土佐のまほろば」です。

なるほどなるほど
紀貫之とはまた有名な方が出てきました。
弥生時代の集落や農耕跡は映像でしか見た事ないので
直に見れるなんて憧れますね。
歴史遺産が豊富に残っているなんて
歴史に興味がある人にはそそられる台詞です。

また人口は、
男 : 24,266人
女 : 26,453人
計 : 50,719人
世帯数:21,143世帯

私の実家の島の十倍以上も人がいらっしゃいます。

南国市なんて良い名前の市には一度行ってみたいですね。
ちなみに場所は、四国の土佐にあるそうです。

また、南国市のHPも記載しておきますので、
興味を持たれた方は是非一度訪問されてみてください。

最後に、南国市は「なんごくし」ではなく「なんこくし」だそうです。

関連サイト:南国市
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nangokudeseikatu.blog49.fc2.com/tb.php/37-4c2835df