FC2ブログ

南国で生活する人の活動日記

南国の事ならなんでも調べてその結果を載せて行きます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
宋安保室長「運命放棄」発言に与野総スカン
 19 日、国会国防委員会による国家安全保障会議(NSC)事務所に対する国政監査では、
宋旻淳(ソン・ミンスン)NSC事務所長兼大統領府安保室長に対する叱責が飛び交った。
特に前日の講演で「国連に韓国の運命を任せるのは自らの運命を放棄するということ」
「米国はどの国よりも多くの戦争をしてきた国」と発言したことが論議となった。宋室長の発言
に対する批判には、与野の区分がなかった。

 与党ヨルリン・ウリ党の安泳根(アン・ヨングン)議員は「宋室長の発言はまるで国連を拒否
しているかのように聞こえ、北朝鮮の立場を擁護しているような誤解を買う恐れがある」と語った。
宋室長が「マスコミが特定の単語だけを選んで書いた。遺憾だ」と言うと、安議員は「私は
マスコミより宋室長の方がもっと遺憾だ」と話した。同じくヨルリン・ウリ党の李根植(イ・グンシク)
議員も「友邦の気分を害させる必要はない。国会で問われると答弁できないと言いながら、
外ではなんの躊躇(ちゅうちょ)もなく話すのか」と非難した。

 野党ハンナラ党の孔星鎮(コン・ソンジン)議員が「世界が国連を中心に声をひとつにしているのに、
宋室長発言は “敵前分裂”のようだ」と言うと、宋室長は「自分たちの問題は放り投げ、“あなたたちに
決めて欲しい”と思っているのならば、それはわたしの考えとは違う」と述べた。ハンナラ党金鶴松
(キム・ハクソン)議員は「国連事務総長を輩出した国が国連の決議を拒否するのか」と話した。

 ヨルリン・ウリ党の金明子(キム・ミョンジャ)議員は「南北が自主的に問題を解決するのには限界がある」
と語った。宋室長は「自分たちの問題なら自分たちがその中心にいなければならない」と述べた。

 ハンナラ党宋永仙(ソン・ヨンソン)議員が、今年9月に「核実験の兆候はない」とした盧武鉉(ノ・ムヒョン)
大統領の発言を問題とみなし、「大統領にどのように諮問しているのか」と問うと、宋室長は「その時フィン
ランドにいなかったので正確に覚えていない」と答えた。宋議員は「宋室長は都合の良いことしか覚えて
いないようだ」と批判した。

 国民中心党の李仁済議員が「北朝鮮の核はがんの塊なのに、これを除去することなく、さらに大きく
したため、核実験まで起きた。宋室長は歴史に罪を残すな」と言うと、宋室長も顔を赤くして「私が歴史
に罪を残していると思っているのか。今、がんを取り除こうと努力しているのに…」と主張した。

 この日、韓米外交長官会談後の記者会見でも、ワシントンポストの記者が米国ライス国務長官に
「宋室長発言に対し、どう考えるか」と質問した。ライス長官は「宋室長がどんな発言をしたのか」と反問し、
この質問をかわした。記者会見終了後、宋室長はすぐにワシントンポストの記者に電話をかけ、自分の発言
について釈明している。

鄭佑相(チョン・ウサン)記者
ソース:朝鮮日報 記事入力 : 2006/10/20 19:30
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/10/20/20061020000066.html
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nangokudeseikatu.blog49.fc2.com/tb.php/280-b24d914d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。