FC2ブログ

南国で生活する人の活動日記

南国の事ならなんでも調べてその結果を載せて行きます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
21日に開幕する「第19回東京国際映画祭」の前夜祭が20日夜、東京・六本木ヒルズで行われ、
SMAP・木村拓哉(33)主演の映画「武士の一分」(12月1日公開、監督山田洋次)が
特別上映された。
一般へのお披露目は初。山田監督らと舞台あいさつに立った木村は「客席に皆さんが座った
時点で作品は皆さんのもの」と感慨深げに話した。上映前のパーティーではビヤライゴサ
米ロサンゼルス市長からハリウッド進出を要請される場面もあった。

一方、所属事務所の後輩で活動休止した「KAT―TUN」の赤西仁(22)について「本人が考えた
上での決断。人が何か決める時は周りには計り知れないものがある。(友人の)ヒデ(中田英寿氏)も
そうだったと思う」とコメント。「何をするにしても大丈夫」と見守る姿勢を見せた。
SMAPからオートレーサーに転身した森且行にも触れ「今も応援している」。一方で多くの後輩に
目標とされ、発言の影響力が大きい立場。「(赤西には)責任はあった」とも指摘し「エールを送って
いるんじゃないです」と話した。

ソースはhttp://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2006/10/21/02.html
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nangokudeseikatu.blog49.fc2.com/tb.php/276-43d85f95

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。