FC2ブログ

南国で生活する人の活動日記

南国の事ならなんでも調べてその結果を載せて行きます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
二宮和也(23)が米アカデミー賞助演男優賞にノミネートされる可能性が高まっていることが
21日、分かった。クリント・イーストウッド(76)が製作・監督した米映画「硫黄島からの手紙」
(12月9日公開)に出演。演技力、存在感が高く評価されている。

米国で全く無名だった二宮が一躍注目されている。「硫黄島からの手紙」は、アカデミー賞監督
イーストウッドが第2次大戦下の硫黄島の死闘を米国側視点で描く「父親たちの星条旗」とセットで
メガホンをとった。「父親-」がアカデミー各賞の有力候補になったこともあって、日本側視点で
描く「硫黄島-」への関心も高まり、その中心が二宮だという。
ハリウッドの複数の映画関係者によると、未編集の段階から、大手スタジオ幹部らが、作品の
完成度と二宮を絶賛し始めたという。「この俳優について詳しく知りたい」などの問い合わせが、
配給するワーナー・ブラザースやドリーム・ワークスに殺到。「今回のアカデミーのノミネートに
向けて強く後押しすべき」との声も多いという。

二宮は妻に生きて帰ると約束しながら、指揮官と運命をともにする兵士を演じた。ハリウッドで
実績もある渡辺謙(47)をはじめ、伊原剛志(42)中村獅童(34)加瀬亮(31)らが参加。
二宮は最年少だったが、主演の渡辺とともに作品テーマを体現するキーパーソン役になった。
イーストウッド監督も4月の来日会見で「仕事をしっかり理解しており、根性も素晴らしかった」
とほめあげていた。
「硫黄島-」の全米公開は2月9日。このままでは来年のアカデミー賞の対象にはならず、
08年の対象になる。しかし、配給側は、小規模ながら年内の先行公開実現に動き出している。

今回にしろ、次回にしろアカデミー賞助演男優賞候補になれば「ラストサムライ」の渡辺謙以来の
快挙。映画祭の「父親-」開幕上映にゲスト参加した二宮は「渡辺さんや作品が選ばれたら、
ついていきます」とまだピンとこない様子だが、今後のハリウッドの動向から目が離せなくなった。

ソース・詳細はhttp://www.nikkansports.com/entertainment/cinema/p-et-tp1-20061022-106835.html
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nangokudeseikatu.blog49.fc2.com/tb.php/262-7ba9a788

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。