FC2ブログ

南国で生活する人の活動日記

南国の事ならなんでも調べてその結果を載せて行きます。

携帯音楽プレーヤーのイヤホンで、大音量の音楽を毎日90分間以上聴き続けると、
聴力が低下する恐れがあるとの研究結果が報告された。ボストン小児病院の研究者
らが、学生100人を対象に研究を実施した。

研究をまとめたのは、聴覚を専門分野とするブライアン・フリゴー氏。「プレーヤーの
最大音量の8割以上に当たる「大音量」が、聴力に及ぼす影響を調べ、このほど学会で発表した。

同氏によると、大音量の音楽を90分間以上聴いても、それが週に1日だけの場合は影響がない。
「何日間も、何カ月間も、そして何年間も聴き続けるのは避けるべきだ」という。

また今回の研究では、たとえ長期間聴き続けても、最大音量の10-50%程度に抑えて
いれば問題はなかった。一方、プレーヤーの最大音量まで上げて音楽を聴いた場合は、
5分間を超えた時点で聴力に影響することが判明したという。最大音量のレベルに、プレー
ヤーのブランドによる差はみられなかった。また音楽のジャンルとしてロック、R&B、カント
リーなどを試したが、音量が同じならば聴力への影響に違いはないことが分かった。こうした
結果は大人と子どもの両方に当てはまるが、子どもの方が影響を受けやすいかどうかに
ついては検討していないという。

聴力への影響は、10年後になって現れることもあるとされる。フリゴー氏は「十代の若者が
23、24、25歳あたりになって聴力の低下に気付くといった事態になりかねない」と警告する。

同氏は同じ学会で、別の研究も発表した。それによれば、携帯プレーヤーの音楽をイヤホンで
聴いた場合とヘッドホンで聴いた場合を比べたところ、聴力低下の危険性は両者とも変わらない
ことが明らかになったという。

http://www.cnn.co.jp/science/CNN200610220003.html
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nangokudeseikatu.blog49.fc2.com/tb.php/255-1cb454c3