FC2ブログ

南国で生活する人の活動日記

南国の事ならなんでも調べてその結果を載せて行きます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
産科医が超勤手当1億円と設備改善を要求 奈良県立病院

 奈良県立奈良病院(奈良市)の産婦人科医5人が04、05年の超過勤務手当の未払い分と
して計約1億円の支払いと、医療設備の改善を求める申入書を県に提出したことがわかった。
医師らは「報酬に見合わない過酷な勤務を強いられている」と訴えており、要求が拒否された
場合は、提訴も検討する方針。

 県によると、同病院の年間分娩(ぶんべん)数は05年度で572件。産婦人科関連の救急
患者は年間約1300人にのぼる。産婦人科医が当直をした場合、1回2万円の当直料が
支払われるが、当直の時間帯に手術や分娩を担当することも多いという。
 申入書によると、当直について労働基準法は「ほとんど労働する必要がない状態」と規定して
おり、実態とかけ離れていると指摘。当直料ではなく、超過勤務手当として支給されるべきで、
04、05年の当直日数(131~158日)から算出すると、計約1億700万円の不足分があると
した。現在9床の新生児集中治療室(NICU)の増床や、超音波検査のための機材の充実など
も要求している。
 医師の一人は「1カ月の超過勤務は100時間超で、医師の体力は限界に近い。更新期限を
過ぎた医療機器も少なくなく、これでは患者の命を救えない」と訴える。
 県は、産科医を1人増員するなどの改善策に乗り出すとともに、医療設備の改善を検討して
いるが、超過勤務手当の支払いは拒否した。担当者は「財政難のため、すべての要求に一度
に応えるのは難しい」と説明する。

朝日新聞 2006年10月22日07時51分
http://www.asahi.com/health/news/OSK200610210109.html
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nangokudeseikatu.blog49.fc2.com/tb.php/246-88081407

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。