FC2ブログ

南国で生活する人の活動日記

南国の事ならなんでも調べてその結果を載せて行きます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
この冬数百万人飢えの恐れ 北朝鮮住民、WFP指摘

 世界食糧計画(WFP)の報道官は16日、「食糧支援の打ち切りにより、この冬数百万人の
北朝鮮住民が飢えに直面する」との見方を示した。AP通信が伝えた。
核実験実施発表後、国連安全保障理事会で制裁決議が採択されて孤立を深める北朝鮮では、
まずは女性や子どもなどの社会的弱者が窮地に立たされそうだ。

 WFPによると、7月のミサイル発射後、主要な食糧援助国だった韓国が支援を凍結するなど、
今年の北朝鮮への食糧支援は昨年の3分の1のレベルにしか達していない。
北朝鮮では今年、80万トンの食糧が不足するとみられるが、WFPの支援量は不足分の10%にも
満たないという。

 WFPの調査では、北朝鮮の子どもの37%、子を持つ女性の約3分の1が栄養失調となっている。
北朝鮮国内の視察を終えたばかりの同報道官は「子どもや母親、年寄りなどが最も大きなリスクを
背負っている」と述べた。

 韓国の北朝鮮支援団体「良い友人」によると、水害で北朝鮮の食糧備蓄量が減少し、
コメやトウモロコシなどの価格が急騰。
その上、水害による農地の流失などで今年の作況は昨年の3分の2にも満たないという。

 北朝鮮の脱出住民を支援している「北朝鮮難民救援基金」の加藤博事務局長は
「これまでは秋の収穫が終わったころ中朝国境に逃れてくる人が多かったが、今年は水害のあった夏
から特に増えている」と指摘。
「この冬は数百万人が死亡したとされる前回の飢餓(1990年代)と同規模の被害が出るのでは」と
予測している。

ソース:共同通信
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=DLT&PG=STORY&NGID=intl&NWID=2006101601000679
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nangokudeseikatu.blog49.fc2.com/tb.php/241-44021e9d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。