FC2ブログ

南国で生活する人の活動日記

南国の事ならなんでも調べてその結果を載せて行きます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
新薬の特許が切れた後に同じ成分で開発され、価格が安く抑えられた
後発医薬品(ジェネリック医薬品)について、日本医師会は、医師の約7割が
「使用に慎重あるいは懐疑的な意見を持っている」とする調査結果を発表した。
日医は「現場での信頼性が確立されているとはいえない」として厚生労働省などに
問題点を訴えていくという。

 5月末から7月、ホームページを通じて後発品の品質や効果について
会員の意見を募り、約580人から回答があった。

 後発品の「効果」について尋ねたところ、有効回答154人のうち「問題なし」との
答えが31%だったのに対し、「問題あり」は69%。「品質」(有効回答104人)
についても54%が「問題あり」とした。「安定供給」(同89人)については7割が、
副作用や安全などの「医薬品情報提供」(同116人)については8割が
「問題あり」と答えた。

 後発品は開発費がほとんどかからないため、価格は新薬の2~7割。
厚労省は医療費抑制のため利用促進を打ち出し、4月に規制が緩和され、
市場参入が相次ぐなど使用が広がっている。


TITLE:asahi.com
URL:http://www.asahi.com/health/news/TKY200609190125.html
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nangokudeseikatu.blog49.fc2.com/tb.php/231-c26ecc62

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。