FC2ブログ

南国で生活する人の活動日記

南国の事ならなんでも調べてその結果を載せて行きます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ブルームの少年、日本人墓地破壊を認める - 2006年9月16日

真珠祭りさなかのできごと

 ブルームの天然真珠産業を記念し、民族共存を祝う真珠祭りのさなか、9月5日に
市内の墓地で日本人の墓石133基が倒されたり、割られる事件が起きた。

19世紀末から第二次世界大戦までブルームでは日本の漁師町から渡ってきた大勢の若者たちが
真珠採りの潜水夫として働いており、潜水病などで亡くなった人も多く、ブルームの墓地に葬られている。

壊された墓石の中には100年前のものもあり、ブルームの歴史を物語る貴重な文化遺産になっている。
真珠祭りでは、真珠採りたちの故郷であり、捕鯨でも知られた和歌山県太地との友好も強調されたため、
地元環境保護団体が反捕鯨の横幕で行進しており、ブルーム・シャイアの郡長が環境保護団体の犯行を
ほのめかしたため、団体の会長から猛反撃される一幕もあった。

しかし、15日に10歳から12歳までの少年3人がブルームの少年裁判所法廷の罪状認否でで行為を認め、
事件の決着がついた。

なお、事件には8歳の少年も加わったとされているが、10歳未満のため訴追はされない。(AAP)

http://www.25today.com/news/2006/09/post_388.php
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nangokudeseikatu.blog49.fc2.com/tb.php/228-2bba0737

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。