FC2ブログ

南国で生活する人の活動日記

南国の事ならなんでも調べてその結果を載せて行きます。

 ピーター・ペース米統合参謀本部議長は13日、米ロサンジェルス・タイムズ紙のインタビューに応じて、
北朝鮮と戦争を行うことになっても十分な兵力はあり、戦争に勝利することは可能だ、と述べると同時に、
現在、情報収集、精密誘導装置のほとんどがイラクとアフガニスタンに配備されており、開戦には情報
収集、精密誘導装置の準備が必要との見方を示した。

 ペース米統合参謀本部議長は「戦争の初期段階は精密誘導爆弾で目標を破壊する、その次の段階で
は更に多くの爆弾を投下して目標の破壊を徹底的に行うことになる」と述べ北朝鮮と戦争を行うことは今の
ところ可能性としては非常に低いとしながらも、戦争という状態になった場合には、地上戦力ではなく、海軍
戦力と空軍戦力に大きく依存したものになると述べた。

 ペース米統合参謀本部議長は北朝鮮との戦争で不可欠と述べた精密誘導装置が何を指すのかについて
は具体的な名称を明らかにしなかったが、別の空軍制服組関係者は精密誘導爆撃を行うためにはグローバ
ルホークやプレデターなどの無人観測機が必要で、今のところはこれらの機器のほとんどは中東での任務
についており、アジアでの戦争に振り向ける数がないと述べた。

 ペース米統合参謀本部議長は、先週行われたとされる北朝鮮の核実験に関しては「政府としては、ほんと
うに核実験が行われたかどうかは最終的な判断を付けていない」とも述べている。

 米統合参謀本部はイラン侵攻にあたってはラムズフェルド国防長官の戦争計画案では戦後の治安維持を
行うことができないとブッシュ大統領の戦争計画に反対。これに関連して反対派の急先鋒だったエリック・シン
セキ陸軍参謀長・陸軍大将が大統領の開戦の決断前に辞任。軍の制服組みのトップが国防長官の判断に反
対するということはシビリアン・コントロールの根幹を揺るがす事態ということもあり、シンセキ陸軍大将の辞任
は大きな波紋を呼んでいた(シンセキ氏はハワイ出身の日系アメリカ人)。


http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200610161851

http://www.technobahn.com/news/b5473927f7905c621b811ecfe2873c8d302e80d6/200610161851.jpg

↑グローバルホーク。(翼長35m、全長13mもあり翼長は定員150名の中型旅客機となるB737-400の全長と
ほぼ同じ大きさの巨大な無人飛行機となる)。非常に高高度を飛行して広域にわたる地理データや敵兵力
の分布などをピンポイントの正確さで記録する。

http://www.technobahn.com/news/b5473927f7905c621b811ecfe2873c8d302e80d6/2006101618512.jpg

↑プレデターの無人航空機部分。プレデターは4機の無人航空機と地上ステーション、無人航空機と地上ステ
ーションを結ぶ通信衛星でできたシステムの名称となり、単一の機体では構成されない。高高度を飛行する
グローバルホークに対して中高度を飛行することによって特定の攻撃目標の詳細データを観測する。
スポンサーサイト















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nangokudeseikatu.blog49.fc2.com/tb.php/226-246da997