FC2ブログ

南国で生活する人の活動日記

南国の事ならなんでも調べてその結果を載せて行きます。

数百万ドルとピアノで国連事務総長の椅子を買おうとする韓国
韓国は自国の候補の次期国連事務総長就任を確実にするため、数百万ドルの援助を約束し、
また他の援助の提供を国連安全保障理事会の理事国に申し出た。

 Times紙の調査で、韓国は潘基文外交通商相が年末にコフィ・アナンの後任になるために
攻撃的な選挙を行っていることが明らかになった。その選挙運動は、アフリカの国への
何千万ポンドの基金、ヨーロッパの国に対する有利な貿易協定、果てはペルーへの
グランドピアノにまで及ぶ。

 昨夜の安保理での無記名投票は潘基文氏の得票が減り、彼の見込みは外れてしまった。
潘基文氏はまだトップ候補であったが、彼は前回の投票よりも少ない13票しか得ることができなかった。
そして、反対票が1票あり、棄権が1票あった。

 月曜日に着色された投票用紙による投票が行われ、拒否権を持つ常任理事国から反対票が
投ぜられるか否かが明らかになるだろう。イギリスとフランスはまだ新たな候補が現れることに
望みを抱いているように見える。

(中略)

 潘基文氏は2月に立候補を表明し、それ以来全世界で選挙活動を続けている。その一月後、
韓国は現在1億ドルのアフリカへの支援予算を2008年までに3倍にすると発表した。そして、
韓国政府はガンビアで開かれるアフリカ連合のサミットに数万ポンドを寄付し、そのとき
潘基文氏は2006年は韓国にとっての「アフリカの年」であると宣言した。

 幸運な寄付の受取人の一つがタンザニアで、現在安全保障理事会の理事国を務めている。
潘基文氏は5月にタンザニアを訪問した際、1800万ドルの教育支援を行うことを約束し、さらに、
西部タンザニアで道路と橋を作るプロジェクトの実行を約束した。1991年から2003年にかけての
タンザニアへの韓国政府の援助額は470万ドルだった。韓国政府の働きかけは功を奏したように
思われる。昨日、タンザニアの駐韓大使(駐日大使を兼務)は、タンザニア政府が潘基文氏を
支持することを決めたと発言した。

 今月、盧武鉉大統領と潘基文氏は1961年以来、もっとも高い地位で占められた韓国の代表団の
上に立って、別の安保理理事国であるギリシャを訪問した。数百人の韓国の事業者たちに監督されて、
韓国政府はギリシャと貿易、観光、および海上運送の協定に調印した。

 昨日、韓国は対外援助を安保理の票を買う手段にしていることを否定した。駐英韓国大使館の
スポークスマン、In Joon Chung氏は「潘基文氏に対する、さらには誠実な韓国政府に対する主張が
事実と異なっていることを強調したい」と発言した。彼は、2002年に韓国政府は発展途上国への
支援を拡大することを決めたと付け加えた。さらに、ギリシャへの公式訪問は、ギリシャが
朝鮮戦争での同盟国であったため、1年以上前から計画されてきたことだと発言した。

 Public Policy Researchの設立者、David Mepham氏は事務総長選挙の過程を「不透明で
非専門的」と説明した。彼は「繊細で重要性の高いポストに任命される過程では我々が最も
よい候補者を得るために抜本的な改革が必要とされている」と話した。
(後略)


ソース(原文英語):
http://www.timesonline.co.uk/article/0,,3-2380336,00.html
スポンサーサイト















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nangokudeseikatu.blog49.fc2.com/tb.php/177-ef4135ed