FC2ブログ

南国で生活する人の活動日記

南国の事ならなんでも調べてその結果を載せて行きます。

亀田大毅戦、"まさかの"試合結果でファン殴り合い
亀田大戦で乱闘=判定めぐり、ファン殴り合い

・東京・後楽園ホールで27日に行われたプロボクシング8回戦の亀田大毅(協栄)
 -バレリオ・サンチェス(メキシコ)戦の判定をめぐり、観客席で乱闘があった。関係者の
 話を総合すると、試合後に亀田大がリングでインタビューを受けている際にやじが飛び、
 これに亀田ファンの一部が激高して殴り合いになった。セコンドを務めた亀田の父、
 史郎トレーナーも突進し周囲に止められた。

 日本ボクシングコミッション(JBC)の安河内剛事務局長は、「リングサイドにいたJBC
 関係者と協栄ジムの複数の人間に事情を聴く」とした。父親が乱闘に加担していた
 場合について、「ライセンスを持つ者に暴力行為などがあれば何らかの処分を考え
 なければならない」とも述べた。けが人の有無などについてJBCは把握していない。

 試合は、亀田3兄弟の二男、大毅が2-0の際どい判定で勝ち、6戦全勝(4KO)とした。
 長兄興毅(協栄)が世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級王座を獲得した際、
 採点に疑惑の目が向けられた経緯があり、協栄ジムの金平桂一郎会長は「これも
 一連の亀田バッシングの弊害だ」と憤りをあらわにした。
 試合はWBA東京総会を記念して組まれ、ヒルベルト・メンドサ会長ら要人が観戦。
 乱闘の間近にいた同会長は、「わたしは大丈夫」と話し、足早に会場をあとにした。 
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060927-00000100-jij-spo
スポンサーサイト















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nangokudeseikatu.blog49.fc2.com/tb.php/155-bd23fdf3