FC2ブログ

南国で生活する人の活動日記

南国の事ならなんでも調べてその結果を載せて行きます。

ゲド戦記」原作者の批判的感想に宮崎吾朗監督「仕方ない。僕が宮崎駿の息子だから

原作者がゲド戦記批判

 ベネチア国際映画祭の特別招待作品のアニメーション「ゲド戦記」の
宮崎吾朗監督(39)と鈴木敏夫プロデューサー(58)が4日(日本時間5日)、
取材に応じた。

 大盛況の公式上映で吾朗監督は、実力を現地で証明。
日本は現在までに動員525万人を記録する快進撃の一方で、
原作者で米女性作家アーシュラ・K・ル=グウィンさんが映画に批判的な感想を
HP上で発表して話題を呼んでいる。

 巨匠の宮崎駿監督(65)を父に持つ吾朗監督は
「仕方ない。僕が宮崎駿の息子だから」。
鈴木氏も「原作と違うことや、お父さんと作風が似ているから批判は当然予測していた」
と説明した。

 次回作が期待される吾朗監督は「僕は宮崎駿とは違う」と自らの姿勢を貫く構え。
駿監督は新作の準備中で、鈴木氏は「子どもの作品」と詳細はシークレットだった。

ソース元:中日スポーツ 2006/09/06
http://chuspo.chunichi.co.jp/00/hou/20060906/spon____hou_____002.shtml
スポンサーサイト















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nangokudeseikatu.blog49.fc2.com/tb.php/112-ea96117b