FC2ブログ

南国で生活する人の活動日記

南国の事ならなんでも調べてその結果を載せて行きます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
日本が開発に参加しているロシア・サハリン沖の資源開発事業「サハリン1」で、事業を主導する
国際石油資本(メジャー)の米エクソンモービルが、産出される天然ガスの全量を中国に輸出する
仮契約を中国側と結んだことが20日、明らかになった。

正式契約が結ばれれば、日本は産出された天然ガスを輸入できなくなる。イラン・アザデガン油田
の石油開発や「サハリン2」に続き、サハリン1でも資源確保につまずくことで、日本のエネルギー
戦略は大幅な見直しを迫られることになる。サハリン1は日、米、ロシア、インドが権益を持っているが、
天然ガスの輸出先についてはエクソンが事実上の決定権を握っている。

関係者によると、エクソンは今月、中国の国営石油会社「中国石油天然ガス集団公司(CNPC)」と
仮契約を結び、産出天然ガスのうち、ロシアの取り分を除く約600万トン(液化天然ガス換算)のすべて
がパイプラインで中国に輸出されることになったという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061021-00000201-yom-bus_all
スポンサーサイト
長勢甚遠法相は20日の衆院法務委員会で、
7月5日に北朝鮮がミサイルを発射したことを受けて発動した制裁措置に基づき、
これまでに北朝鮮籍14人の入国を拒否したことを明らかにした。
7月の制裁措置は北朝鮮当局職員の入国を禁止。

10月9日の核実験発表後は入国禁止の範囲を「北朝鮮の国籍を持つ人」に拡大した。 (23:00)

ソース 日経新聞
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20061020AT3S2001A20102006.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。