FC2ブログ

南国で生活する人の活動日記

南国の事ならなんでも調べてその結果を載せて行きます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
スポンサーサイト
「『大衆車』という概念でものづくりをすると間違う」と話すのはトヨタ自動車の渡辺捷昭社長
(64)=写真。

日本のモータリゼーションをリードした「カローラ」が誕生から40年を迎えた。
同車は大衆車の代表格だったが、平均的な性能では消費者を引き付けることは難しくなった。
「お客さまは本当に多様化している」と環境の変化を感じている様子だ。

このため、現在の車づくりでは「マーケティングの力が大変重要」と強調する。
カローラの新モデルも「若いお客さまに(購入を)お願いしたい」と先進技術をふんだんに取り入れた。
社長にとって最初のマイカーだったという思い入れの強い車が「大衆車」からの脱皮を図りつつあるようだ。

ソース
http://www.zakzak.co.jp/top/2006_10/t2006101833.html
YouTube、3万ファイルを削除…日本のテレビ局などの削除要請に、全対応
ホンダ:「縦列駐車」「車庫入れ」もボタン一つ、駐車支援装置を開発
第一生命、孫誕生でも“産休”導入へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。